No image 推定 価格

【コンビニ+クレジットカードの裏技?】固定資産税を支払ってポイント貯めるお得な方法(2016年最新版)

自治体によっては固定資産税をクレジットカードで支払うことができます。そして、さらに納税をコンビニ払いにしつつ、電子マネー払いにすることで、クレジットカードのポイント還元を受ける方法もあります。今回はその仕組みとやり方をを解説します。

更新日:2016年05月25日

イエシルコラム編集部さんのプロフィール画像

イエシルコラム編集部

IESHIL編集部

〈2016年最新版〉固定資産税を支払ってポイント貯めるお得な方法

【コンビニ+クレジットカードの裏技?】固定資産税を支払ってポイント貯めるお得な方法(2016年最新版)の画像

固定資産税の仕組みや計算については、前回の記事にて解説しました。納付書が届いたら期日までに固定資産税の支払うことになりますが、その支払いを何となく銀行などで現金払いしていませんか??もちろん現金払いでも問題ありませんが、実は「クレジットカード」で支払うことができる地域があります。

しかも、「コンビニ払い」「電子マネー払い」「クレジットカード払い」を上手く組み合わせることで、ポイントを貯めれる裏技はご存知でしょうか。どうせ支払うならお得にポイント貯めたいですよね。今回はその仕組みとやり方をを解説します。

[目次]
1)自宅で完結!クレジットカードで納税してみよう
2)セブンイレブンのナナコで納税してみよう

3)まとめ

自宅で完結!クレジットカードで納税してみよう

税金などの公共料金の支払いは現金のみという先入観がありがちですが、2016年の今日ではクレジットカードで固定資産税などを支払える自治体も増えてきました。東京都でも2015年4月1日から都税のクレジットカード納付の適用対象が拡大し、都税15種類が支払い可能となっています。(税額が100万円未満の納付書ならカードで納税可能です)

ラインナップは次のとおりです。
・自動車税
・自動車取得税
・固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
・固定資産税・都市計画税(23区内のみ)
・個人事業税
・法人事業税
・法人都民税
・事業所税
・地方法人特別税
・不動産取得税
・軽油引取税
・都たばこ税
・ゴルフ場利用税
・鉱区税
・宿泊税

中には初めて見るようなマイナーな税金もありますが、豊富なラインナップですね。

不動産の取引に付随して発生する税金は3つ

◆固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
前回の記事で解説したとおり、固定資産税とは、毎年1月1日を基準日として、土地・家屋(マンション等)や償却資産(事業用途の構築物・機械等)を所有している人に対して課税される税金です。年4回の支払いタイミングがあり、第一期の当月初旬にまとめて納付書が送られてくるのが一般的です。

◆固定資産税・都市計画税(23区内のみ)
都市計画税とは、街路や公園整備事業等の都市計画施設の建設・整備などの都市計画事業等に必要な費用を充てるために、都市計画法による市街化区域内に所在する土地及び家屋を所有している人に対して課税される税金です。毎年1月1日を基準日として、固定資産税とセットで納める形となります。

◆不動産取得税
不動産所得税とは、一戸建ての家やマンションを購入したり、家屋を建築するなどをした際に課税される税金となります。

クレジットカードで納税する方法(東京都版)

【コンビニ+クレジットカードの裏技?】固定資産税を支払ってポイント貯めるお得な方法(2016年最新版)の画像

まずは専用サイト「都税クレジットカードお支払サイト」にアクセスしましょう。
https://zei.tokyo/

クレジットカード払いには、税額に加えて決済手数料が加算されます。
(決済手数料は、税額10,000円ごとに73円(消費税別)が加算)

〈手続きの流れ〉
ページ下部の「上記注意事項を確認しました。※全ての注意事項を確認し、チェックボックスにチェックを入れてください。」にチェックを入れて、「同意して次へ」を押すと、「納付情報を入力」というページに進みますので、納付情報を入力します。

納付番号、確認番号、納付区分は必須入力ですので、納税通知書・納付書の「東京都 納付書兼納入済通知書」を参照し正確に入力し次に進みましょう。その後、納付情報が表示されますので、支払い情報を入力してください。

その後、画面に従って決済が完了したら手続きは以上となります。

なお、納税証明書については、支払い手続き完了日から約2週間後頃に各都税事務所等の窓口で納税証明書が発行可能となります。タイムラグが発生しますので、急ぎで納税証明書が必要でしたら、クレカ払いではなく金融機関等の窓口かコンビニエンスストアでの納付をオススメします。


※自動車税(継続検査等用)のみ納税証明書が決済完了日から約3週間後頃に自宅に郵送されますので、発行手続きは不要です。

クレジットカードでの納税でポイント分得できるか?

前述したとおり、税金でも「クレジットカード払い」なので、お持ちのクレカによっては、ポイント付与を狙えます。

例えば、ポイント付与率が1.5%のカードなら100万円納税すると1.5万円分のポイントをゲットすることができますね。そこで気になるのが、都税のクレジットカード払いは「決済手数料は、税額10,000円ごとに73円(消費税別)が加算」される点です。ポイントで得をしたい方は、付与されるポイントと手数料と差し引きしてプラスになるかどうか計算が必要です。

税額が1万1円の場合に146円(税抜)の手数料で、消費税が8%なら1.57%の手数料となります。税額が1万1円~2万円の場合なら、手数料の割合は0.785~1.57%となります。つまり、一見するとポイント還元率が1.6%以上のクレジットカードをお持ちの場合なら決済手数料以上の額のポイントを取得できそうです。

しかし、税額10,000円ごとに73円(消費税別)という規定から計算すると、税額1円でも手数料78円(税込)がかかりますが、税額10万1円なら手数料867円となります。つまり、税額の大きさによって手数料の負担率が変化してきます。整理すると、以下のとおりとなります。

【コンビニ+クレジットカードの裏技?】固定資産税を支払ってポイント貯めるお得な方法(2016年最新版)の画像

つまり、4万1円以上の税額ならポイント還元率1.0%以上のクレジットカードで支払えば、決済手数料以上の額のポイントを取得できる計算です。

ただ、これだとあまりお得感はありませんよね。

そこで、より得が出来る支払い方法「セブンイレブンのナナコで納税する方法」を、解説していきましょう。

セブンイレブンのナナコで納税してみよう

【コンビニ+クレジットカードの裏技?】固定資産税を支払ってポイント貯めるお得な方法(2016年最新版)の画像

続いて、クレジットカード払いではなくて、コンビニの店頭で「電子マネー払い」で固定資産税を払う方法を解説します。この方法は、やり方によっては、「手数料を払わずに、クレジットカードのポイントをゲットする」ことが可能となります。

まず通常だと、固定資産税の支払いをコンビニ払いする場合は、支払い方法は「現金のみ」が原則です。例えば、ローソンやファミリーマートの店頭で税金を払うなら現金オンリーとなります。しかし、セブンイレブンでは、電子マネーのnanacoにて税金の支払が可能なのです。これは例外的に、nanacoなら他の電子マネー払い(EdyやSuicaなど)ではできない公共料金の支払いができることを意味します。

つまり、コンビニに納税通知書・納付書を持参して、レジで「ピヨヨッ」と決済すれば支払い完了できるのです。

そして、ここからが大切なポイントですが、電子マネー(nanacoのみならずEdyやSuicaなども)は、「チャージ」して残高を補充しなければ使えませんよね。又、このチャージは、クレジットカードでチャージすることができることをご存知でしょうか。実は、クレジットカードによっては、チャージすると、そのチャージ金額分「カードでお買い物」したとみなされて「クレジットカードのポイント」が付与されるのです。つまり、事実上、手数料無料でクレジットカードで固定資産税を支払い、しかもポイントまでゲットしてしまえるということです。

※クレジットカードのポイントは付与できる場合がありますが、「nanaco」利用時に付与される1%分のポイントは付与されません。

nanacoへのチャージにポイント付与してもらえるクレジットカード

クレジットカードによっては、電子マネーへのチャージはポイント付与対象外としているところもありますので、注意が必要ですが、現時点でポイント還元率1.0%以上かつnanacoへのチャージにポイント付与してもらえるカードは、「リクルートカード(Visa、JCB)」、「Yahoo! JAPANカード(JCB)」、「楽天カード(JCB)」などが挙げられます。

これらのカードの規約が今後変わってしまう可能性はありますので、使える今のうちに実践するのをオススメします。又、ポイント還元率は0.5%となってしまいますが、セブンイレブンおよびナナコと同じ企業母体が発行している点で「セブンカード・プラス」もオススメできます。

いずれにせよ、「クレジットカードでナナコをチャージして、コンビニ店頭支払い」をすることで、固定資産税を実質的に割引ディスカウントできます。貯まるポイントも少なくない金額ですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、自宅で完結できるクレジットカードで固定資産税を納税する方法とそのお得度合いについて。そして、セブンイレブンのナナコで納税する方法とそのお得度合いについて、解説しました。

結論的には、自宅で支払いを済ませたい方は、多少手数料を払ってもクレジットカード払いを。実質的に税額をディスカウントしたい方には、セブンイレブンでナナコ払いをすることをオススメします。

次の固定資産税のお支払い時から納税方法を再検討してみるのはいかがでしょうか。

ご意見、ご要望はこちら

記事が気に入ったら、いいね!しよう

IESHILの最新情報をお届けします。

無料会員登録でプレミアム記事をチェック

IESHILでは会員登録の方だけにお届けするプレミアム記事をご用意いたしております。会員登録をしてプレミアム記事をいますぐチェック!

IESHILコラムとは、不動産物件情報に関連してコラム等の関連情報も提供する付随サービスです。
ご利用により、IESHIL利用規約が適用されますので、規約のご確認をお願い致します。

マンションの売却・購入をご検討の方へ

「イエシルアドバイザー」は、不動産に関する疑問・不安を解消するための無料のアドバイザーサービスです。不動産売買をご検討の方はお気軽にご相談ください。