【最新版】2023年1月発表:中古マンション価格推移|不動産市況を解説

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の最新の不動産市況データについて解説します。今後、中古マンションの売却・購入・住み替えを検討されている方はぜひご確認ください。

更新日:2023年01月24日

イエシルコラム編集部さんのプロフィール画像

イエシルコラム編集部

株式会社リブセンス

IESHIL編集部

東京・神奈川・千葉・埼玉の中古マンション価格査定サイトIESHIL(イエシル)が運営。 イエシルには宅建士、FPなど有資格者のイエシルアドバイザーが所属。ネットで調べてわからないことも質問できるイエシル査定サービスを展開しています。

この記事の要点
  • 2022年12月度の首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)のマンション価格推移を解説
  • 東京23区、3か月連続㎡単価100万超!
  • ただしピークアウトの傾向も。今後の動きに注目
  • 売却検討中の方はお早めに
【最新版】2023年1月発表:中古マンション価格推移|不動産市況を解説の画像

こんにちは。 イエシルの不動産アドバイザーの石井です。 マンション売却のポイントがわかる最新市況レポートをお届けします。 ご確認後は、ぜひイエシルでマンション価格の確認をしてみてください。

1年の中で、最も不動産売買が活発化し、高く売れやすいとされる2月〜3月。
この間に、円滑な売却をするためには1日でも早く動き出しましょう。

まずは、最新(2022年12月度)の価格推移をご覧ください。

【最新版】2023年1月発表:中古マンション価格推移|不動産市況を解説の画像

東日本不動産流通機構 レインズタワーよりイエシル編集部作成

TOPICS1 東京23区、3ヶ月連続で大台の100万円/㎡超え

都心部は引き続き高い水準で成約㎡単価が推移しています。

首都圏全域では69.94万円/㎡でした(グラフ赤)。


しかし、エリアごとに見ると、都心部は前月と比較すると微減しており、頭打ち感があります

 23区:101.8万円/㎡(前年比+6.5%)※前月:103.26万円/㎡
 横浜、川崎市:58.35万円/㎡(前年比+2.9%)※前月:61.79万円/㎡


その他エリアは前年比プラスとなっています。

 多摩:50.01万円/㎡(前年比+7.7%)
 横浜・川崎市:58.35万円/㎡(前年比+2.9%)
 神奈川県他: 42.08万円/㎡(前年比+22.2%)
 埼玉県:39.08万円/㎡(前年比+2.9%)
 千葉県:37.21万円/㎡(前年比+10.8%)

TOPICS2 前年比5ヶ月連続で成約件数が減少中

物件数が増加を続けている(オレンジ棒グラフ)ことで、需要が落ち着いて減少しているとの見方もあります。

12 月の首都圏における中古マンションの動向
 【成約件数】
  2,835 件(前年比マイナス1.6%)※5ヶ月連続で前年同月を下回った。
 【在庫件数】
  41,665 件(前年比プラス16.6%)※11ヶ月連続で前年同月を上回った。

成約数は減少傾向ですが、2月〜3月は物件売買の繁忙期です。今後の動向をよくチェックしておきましょう。

【最新版】2023年1月発表:中古マンション価格推移|不動産市況を解説の画像

TOPICS3 黒田バズーカの影響はどう出るか

2022年12月、日銀の黒田総裁から事実上の利上げが発表されました。
現時点では住宅ローンに大きな金利の上昇は見られませんが、今後の動向によっては購入を控える方も多くなると言えます。
知識を身に着けて戦略的に動くことがとても大事になります。


イエシル査定サービスは、価格算出のほかにアドバイザーによる知識提供も無料で行なっております。

→査定とアドバイザー相談のご依頼はこちらから

1~3月は1年の中で最も売却しやすい時期です

最も購入が活発化する2、3月に向けて準備が必要です。
売却したい人も増える時期なので、早めに動かなければライバルに負けてしまいます。他の不動産会社の話を聞く前に是非イエシルで、妥当価格の確認とアドバイスを受けてみてください。

イエシルは不動産会社ではありません。
中立な立場から、売れるであろう妥当価格の算出・不動産の裏側を知っているからこそお伝えできる不動産会社の選び方・それぞれの状況に合わせたアドバイスができます。
まずはお気軽にご相談ください。

今回はマンション所有者の方に向けて興味深い内容をお届けいたしました。マンション購入をご検討中の方にとっては、「いつが買い時なのか」気になっている方も多いのではないでしょうか。

イエシルでは、アドバイザーによる購入に関する疑問解消と、あなたに合った不動産会社探しのお手伝いをしています。

 購入相談はこちら(無料)

【最新版】2023年1月発表:中古マンション価格推移|不動産市況を解説の画像

▼この記事を書いたのは…IESHIL(住まい/不動産投資のミカタ) アドバイザー 石井 友里恵

■自己紹介 不動産仲介営業歴 10年 所有資格:宅地建物取引士  大手不動産会社勤務時代は、土地、マンション、戸建、投資不動産の賃貸売買の仲介を経験しました。これまでの経験を活かして、お客様の状況に寄り添って、わかりやすいアドバイジングを心がけております。お気軽にご相談ください。

ご意見、ご要望はこちら

IESHIL編集部オススメ記事

IESHILコラムとは、不動産物件情報に関連してコラム等の関連情報も提供する付随サービスです。
ご利用により、IESHIL利用規約が適用されますので、規約のご確認をお願い致します。