ザ・パークハウスあおと

ザ・パークハウス青砥

総合評価3.76
参考相場価格3,035万円〜4,951万円
(坪単価:146〜181万円/坪)
最終更新日:2019年04月24日

マンション概要

参考相場価格

間取り専有面積
(中央値)
参考相場価格
(中央値)
前年比亀有駅
平均
3LDK69.90m²3,591万円
-178万円
3,222万円
4LDK78.98m²4,115万円
-204万円
3,697万円

売買履歴

会員登録(無料)で、周辺価格(売買・賃貸)が閲覧できます。

2019年
  • 16階
  • 2LDK
  • 65〜73m²
  • 築6年
売出価格
3,640万円〜4,000万円
坪単価
174〜 191万円
2019年
  • 4階
  • 3LDK
  • 62〜70m²
  • 築6年
売出価格
3,100万円〜3,460万円
坪単価
156〜 174万円
2019年
  • 20階
  • 2LDK
  • 65〜73m²
  • 築6年
売出価格
3,310万円〜3,670万円
坪単価
158〜 175万円
2015年
  • 20階
  • 3LDK
  • 65〜73m²
  • 築6年
賃料
15万円〜17万円
敷金
-
礼金
-
2014年
  • 3階
  • 3LDK
  • 62〜70m²
  • 築6年
賃料
15万円〜17万円
敷金
-
礼金
-
2016年
  • 5階
  • 3LDK
  • 66〜74m²
  • 築11年
賃料
14万円〜16万円
敷金
-
礼金
-

※この売買・賃貸履歴はリブセンス開発ソフトウェアのウェブクロールに基づく参考情報です。

満足度94%のイエシル個別相談会(無料)

今は買い時?売り時?新築と中古どっちがいいの?
私たち不動産の専門家が
すべてお答えします!
不動産の専門家に質問し放題!
おかげさまで、累計相談実績1,000名以上!
調べるより聞いたほうが圧倒的に早い!
詳細はこちら

詳細情報

共用施設

  • TVモニター付きインターホン
  • エレベーター
  • エントランス
  • ガーデン
  • 管理人常駐
  • ゲストルーム
  • コンシェルジュ
  • 駐車場あり
  • ビューラウンジ
  • プレイルーム
  • 防犯カメラ

部屋の基本設備

  • インターネット利用可
  • オール電化
  • 温水洗浄便座
  • システムキッチン
  • ディスポーザー
  • ペット相談可
  • 床暖房

物件詳細情報

建物名ザ・パークハウス青砥
住所東京都葛飾区 青戸 7丁目30-18
築年数築6年
階建(総戸数)20階建(528部屋)
建築構造RC造
専有面積64.95㎡〜94.01㎡
参考相場価格
  • 3LDK:3,023万円〜(64m²〜)
  • 4LDK:3,669万円〜(78m²〜)
アクセスJR常磐線各駅停車亀有駅」バス7分後、徒歩3分
駐車場
管理会社三菱地所コミュニティ㈱
ブランドザ・パークハウス
築年月2013年06月
用途地域準工業地域

建物詳細・周辺情報

築6年で最新の耐震基準に適用しており、RC造り、20階建て総戸数528戸の今人気のタワーマンションで、高層階では湾岸の風景や遠くの山並み、都会の摩天楼を見下ろす生活は、ちょっとしたセレブ気分が味わえます。 このマンションは、丸の内の大規模開発で培ったビル管理のノウハウを持ち、他に類を見ない入居後の点検・補修の仕組み(チェックアイズカルテ)をはじめとした強みを持つ三菱地所レジデンスが生み出したマンションブランド、ザ・パークハウスシリーズの1つです。公的および独自の基準を用いて施工者以外に技術者も加えた入念な品質管理チェックを実施しており、建築品質への強い想いと住まいの安全性を保証しています。

売却をご検討中の方へ

ザ・パークハウス青砥の売却が得意な不動産会社1日20名様限定※でご紹介します。

参考相場価格

3,035万円〜4,951万円

(坪単価:146〜181万円/坪)

※限定は市区町村ごととなります。

ザ・パークハウス青砥を見た人は、こんな中古マンションも見ています

ザ・パークハウス青砥の駅、市区町村を知る

葛飾区のマンション

3LDKや4LDKなど広い部屋が人気の葛飾区。ファミリー層に人気が高いエリアのため、マンションの部屋数も多い傾向にあるようです。昔ながらのお店が残る葛飾区は新小岩、柴又、亀有など下町の雰囲気が残る風情ある地域です。また、物価が安く生活利便性に惹かれて引越しを検討する方も多いようです。エリアによってはJR総武線が利用できるため、新宿への交通も便利です。また、昨今の共稼ぎ夫婦の増加から葛飾区は子育て支援にも力を入れています。新しい子育て支援制度では保育園や学校数を増やし親の所得に合わせた教育費負担の軽減措置も積極的に進めている地域です。