セントラルグリーンハイツ 外観

セントラルグリーンハイツ

江東区・南砂町のマンション
総合評価
参考相場価格2,938万円〜3,411万円
坪単価140万円/坪〜171万円/坪
最終更新日2021年04月21日
セントラルグリーンハイツ 外観

セントラルグリーンハイツ

江東区・南砂町駅のマンション
  • 地震への安全性
  • 洪水への安全性
  • 津波への安全性
  • 液状化への安全性
参考相場価格2,938万円〜3,411万円
坪単価140万円/坪〜171万円/坪
最終更新日2021年04月21日

部屋別の参考相場価格

号室参考相場価格最高買取価格新築時価格間取り専有面積主要採光面
4階3,191万円価格を調べる-3LDK69.3-
4階3,394万円価格を調べる-3LDK65.83
4階3,347万円価格を調べる-3LDK70

4階

参考相場価格
3,191万円
新築時価格
-
  • 3LDK
  • 69.3
  • -

4階

参考相場価格
3,394万円
新築時価格
-
  • 3LDK
  • 65.83

4階

参考相場価格
3,347万円
新築時価格
-
  • 3LDK
  • 70

※表示価格は弊社独自の参考相場価格であり、実際の価格とは異なります。
※この参考相場価格はリブセンス開発ソフトウェアのウェブクロールに基づく情報のため、販売物件情報ではありません。

周辺にある相場が近い物件

東砂の人気物件

販売中の物件

(掲載画像36枚)
Yahoo!不動産
  • 5階
  • 3LDK
  • 65.83m2
(掲載画像11枚)
Yahoo!不動産
  • 2階
  • 2LDK
  • 65.83m2

価格推移と将来予測

参考相場価格

3,191万円(過去3年で414万円

新築時価格----万円

※リフォームの有無、使用状況により、価格が前後する場合があります。

マンション概要

売買履歴

会員登録(無料)で、周辺価格(売買)が閲覧できます。

無料登録して周辺価格を見る
2021年
  • 2階
  • 2LDK
  • 63〜71m²
  • 築45年
売出価格
2,450万円〜2,810万円
坪単価
123〜141万円
2020年
  • 13階
  • 3LDK
  • 65〜73m²
  • 築45年
売出価格
2,930万円〜3,290万円
坪単価
140〜157万円
2019年
  • 10階
  • 3LDK
  • 63〜71m²
  • 築45年
売出価格
2,650万円〜3,010万円
坪単価
133〜151万円

※この売買履歴はリブセンス開発ソフトウェアのウェブクロールに基づく参考情報です。

詳細情報

共用施設

  • 24時間ゴミ出し可能
  • エレベーター
  • 制震
  • 耐震
  • 駐車場あり
  • 駐輪場あり
  • オートロック
  • トランクルーム
  • バイク置き場
  • 小学校まで1km以内
  • ペット可
  • 大規模(総戸数200以上)

部屋の基本設備

    物件詳細情報

    建物名セントラルグリーンハイツ
    住所東京都江東区東砂7丁目5-19
    築年数築45年
    階建(総戸数)13階建(313部屋)
    建築構造SRC造
    専有面積65.83㎡〜70㎡
    参考相場価格
    • 3LDK:2931万円〜(65m²〜)
    アクセス
    駐車場-
    管理会社東急コミュニティー
    用途地域準工業地域

    建物詳細・周辺情報

    このマンションは東京メトロ東西線南砂町駅から徒歩10分の距離にあります。最寄駅までは少し距離がありますが、主要ターミナル駅である東京駅へも乗車時間21分以内で旅行や帰省時の移動にも便利です。築45年でSRC造り、13階建て総戸数313戸の今人気の大規模マンションで、共用スペースも充実しています。

    イエシル査定

    不動産会社からの連絡なしで
    確実に売却できる査定価格
    を複数比較できます。
    確実な売却価格を知ることが
    失敗しない売却への一歩です。

    セントラルグリーンハイツの駅、市区町村を知る

    江東区のマンション

    東陽町にある江東区文化センターはコンサートやイベントが頻繁に開催され、江東区民の人気スポットとなっています。江東区は人気のタワーマンションが立ち並ぶ豊洲や、昔ながらのお店が多い門前仲町など、地域によってカラーがまったく異なる区となっています。人口減少が問題視される中で居住者が最も増加している地区が江東区です。やはり、湾岸エリアである豊洲、有明、東雲に次々と建設されたタワーマンションにDINKSを中心とした若い夫婦が引っ越しをしています。一方で埋立地が多いため液状化の心配がされる地域ですが、新しいマンションは高い建設レベルで免震、制震マンションが中心となっており、地震対策が施されているマンションが増えています。