No image 推定 価格
しゅうわかめいどにちょうめレジデンス

秀和亀戸2丁目レジデンス

総合評価3.67
参考相場価格1,818万円〜1,996万円
(坪単価:133〜135万円/坪)
最終更新日:2018年10月18日

マンション概要

その地盤、安心ですか?
資産価値を守る災害リスクを徹底分析
秀和亀戸2丁目レジデンス
災害リスクレポート
災害リスクレポートを見る

参考相場価格

間取り専有面積
(中央値)
参考相場価格
(中央値)
前年比錦糸町駅
平均
2DK45.36m²1,829万円
23万円
1,989万円
2SDK48.60m²1,996万円
25万円
2,351万円
2LDK45.00m²1,818万円
22万円
3,960万円

売買履歴

会員登録(無料)で、周辺価格(売買・賃貸)が閲覧できます。

無料会員登録で、秀和亀戸2丁目レジデンス周辺の売買履歴が閲覧できます。

取引年マンション名売り出し価格坪単価専有面積築年数間取り所在階
2017年秀和亀戸2丁目レジデンス2,280万円〜2,640万円147〜 170万円48〜54m²37年2LDK1階
2013年秀和亀戸2丁目レジデンス1,310万円〜1,550万円84〜 100万円49〜55m²37年2DK2階
2007年秀和亀戸2丁目レジデンス1,600万円〜1,840万円97〜 112万円51〜57m²37年3DK4階

無料会員登録で、秀和亀戸2丁目レジデンス周辺の賃貸履歴が閲覧できます。

取引年マンション名賃料敷金礼金専有面積築年数間取り所在階
2015年秀和亀戸2丁目レジデンス14万円〜15万円--63〜71m²37年3LDK4階
2015年秀和亀戸2丁目レジデンス13万円〜14万円--51〜57m²37年2LDK4階
2014年秀和亀戸2丁目レジデンス12万円〜13万円--43〜49m²37年2LDK3階

※この売買・賃貸履歴はリブセンス開発ソフトウェアのウェブクロールに基づく参考情報です。

不動産会社に行くのはまだ不安な方へ

詳細情報

共用施設

  • TVモニター付きインターホン
  • 駐輪場あり

部屋の基本設備

  • インターネット利用可
  • バス、トイレ別
  • ルーフバルコニー
  • エアコン完備

物件詳細情報

建物名秀和亀戸2丁目レジデンス
住所東京都江東区 亀戸 2丁目39-13
築年数築37年
総戸数10階建
建築構造SRC造
専有面積45.0㎡〜48.6㎡
参考相場価格
  • 2DK:1,820万円〜(45m²〜)
  • 2SDK:1,987万円〜(48m²〜)
  • 2LDK:1,809万円〜(45m²〜)
アクセス東武伊勢崎線押上駅」徒歩21分
JR総武線錦糸町駅」徒歩12分
JR総武線亀戸駅」徒歩5分
駐車場-
管理会社-
用途地域不明

秀和亀戸2丁目レジデンスの購入をご検討の方へ

周辺ハザードマップ

自然災害は資産価値に影響する恐れがあります。地震洪水液状化など、周辺リスクを確かめましょう。

建物詳細・周辺情報

秀和亀戸2丁目レジデンスはJR総武線亀戸駅から徒歩5分の距離にあり、駅から大変近く夜の帰宅時も明るく安心です。また、交通の拠点となるターミナル駅である東京駅へも乗車時間15分以内で通勤や通学などの環境の変化にも適応できます。築37年でSRC造り、10階建てのマンションです。 新たな東京のシンボルである東京スカイツリーを臨む人気エリアです。展望台からの眺望は絶景。また、312の多彩なショップが織りなす東京ソラマチでのショッピングはもちろんのこと、水族館やプラネタリウムもあり、レストランも充実しています。お天気のいい日には浅草からのお散歩もおすすめです。

売却をご検討中の方へ

秀和亀戸2丁目レジデンスの売却が得意な不動産会社1日20名様限定※でご紹介します。

参考相場価格

1,818万円〜1,996万円

(坪単価:133〜135万円/坪)

※限定は市区町村ごととなります。

秀和亀戸2丁目レジデンスを見た人は、こんな中古マンションも見ています

周辺にある相場が近い物件

江東区亀戸の人気物件

周辺の新着物件

秀和亀戸2丁目レジデンスの駅、市区町村を知る

江東区のマンション

東陽町にある江東区文化センターはコンサートやイベントが頻繁に開催され、江東区民の人気スポットとなっています。江東区は人気のタワーマンションが立ち並ぶ豊洲や、昔ながらのお店が多い門前仲町など、地域によってカラーがまったく異なる区となっています。人口減少が問題視される中で居住者が最も増加している地区が江東区です。やはり、湾岸エリアである豊洲、有明、東雲に次々と建設されたタワーマンションにDINKSを中心とした若い夫婦が引っ越しをしています。一方で埋立地が多いため液状化の心配がされる地域ですが、新しいマンションは高い建設レベルで免震、制震マンションが中心となっており、地震対策が施されているマンションが増えています。