アールブラン武蔵新田

大田区・武蔵新田駅のマンション
総合評価
参考相場価格3,597万円〜8,966万円
坪単価293〜363万円/坪
最終更新日2021年04月15日

土砂災害リスクマップ

土砂災害警戒区域

  • 土砂災害警戒区域
  • 土砂災害特別警戒区域
土砂災害警戒区域指定
警戒区域には指定されていません。
※この土砂災害リスク情報は、土砂災害警戒区域データをもとに作成しています。詳しくは出典・参考文献をご確認ください。
※250mメッシュ単位で評価しているため、厳密な実在位置とは異なる結果となる場合があります。

【関連知識】土砂災害リスクと警戒区域

土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(土砂災害防止法)により、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒避難体制の準備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等の対策を推進するため、都道府県によって警戒区域の指定が行われています。
なお、土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域内に立地する建物については、重要事項説明時に重要事項説明書への記載と説明が義務付けられています。

土砂災害警戒区域急傾斜地の崩落等が発生した場合には住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域
土砂災害特別警戒区域急傾斜地の崩落等が発生した場合には建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域

周辺の災害リスクレポート

土砂災害発生リスクと住居の安全性

このマンションの立地が警戒区域にしていされているか、またそれによって想定されるリスクについて解説します。


周辺エリアの土砂災害リスク

建物自体の敷地が土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域に指定されていなくとも、周辺に危険なエリアがあった場合、日常の生活ルートに注意が必要です。周辺のリスクの有無についても解説します。

イエシル査定

不動産会社からの連絡なしで
確実に売却できる査定価格
を複数比較できます。
確実な売却価格を知ることが
失敗しない売却への一歩です。

アールブラン武蔵新田の駅、市区町村を知る

大田区のマンション

モノづくり起点であり、国際線ターミナルとなった羽田空港によって観光産業も注目されている大田区のマンション。大田区は23区の中で面積が広い区として有名で、町工場が多い蒲田や大森地域と、高級住宅地としての田園調布が混在する地域です。大田区のマンションは庶民的で住みやすいという点で評価が高い地域が多いです。物価も比較的安く、子育て、子どもに関する支援も充実しています。広い大田区ですが、交通の便は地域によって様々です。JR京浜東北線が利用できる大森、蒲田エリアのマンションは人気ですが、バス利用や京浜急行電鉄を利用する地域は不便を感じる方も多いようです。

武蔵新田駅のマンション

武蔵新田駅は東京都大田区にあり、東京急行電鉄東急多摩川線が利用できます。多摩川にも程近い場所に存在する住宅街です。高層マンションなどはなく、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。周辺には「大田区立下丸子図書館」「武蔵新田商店会 商店街」といった生活するのに便利な施設や、「新田神社」「頓兵衛地蔵」といったちょっと訪れてみたくなるようなスポットも存在しています。

その他の最寄り駅: