コーポたじま

コーポ田島

総合評価2.75
参考相場価格523万円〜526万円
(坪単価:101〜102万円/坪)
最終更新日:2019年04月21日

浸水リスクマップ

想定最大浸水深

  • 0.5m未満
  • 0.5~1.0m未満
  • 1.0~2.0m未満
  • 2.0~5.0m未満
  • 5.0m~
洪水への安全性
4.5(豊島区平均:4.5)
想定浸水レベル
0.0m
※この洪水リスク情報は、国や県が指定した洪水予報河川や水位周知河川が氾濫した場合に、浸水が想定される区域と浸水の深さをもとに作成しています。詳しくは出典・参考文献をご確認ください。
※250mメッシュ単位で評価しているため、厳密な実在位置とは異なる結果となる場合があります。

【関連知識】水害の要因

水害は大きく外水氾濫内水氾濫の2種類に分けられます。
外水氾濫は河川があふれて起こる水害のことで、降雨量と河川の幅、治水整備不足によって発生します。流れ込む水は泥水で、水が引いた後も土砂などが堆積するため復旧に時間がかかります。
一方、内水氾濫は市街地に降った雨が下水などの処理能力を超えてあふれる水害のことで、ゲリラ豪雨など局地的な集中豪雨によって発生する都市型水害とも呼ばれています。
なお、内水氾濫に関する災害データはまだ整備が十分に進んでおらず、IESHILの洪水リスクは外水氾濫に関するデータを元に算出しています。

周辺の災害リスクレポート

浸水深と避難の必要性

洪水が発生した際に避難が必要になるか、また避難した際に水が引くまでの期間は浸水深によって大きく異なります。また浸水深や建物の強度によって想定される、建物自体の破損・倒壊リスクについても解説します。


設備・生活への影響

一定以上の階数の場合、住居そのものへの浸水リスクはなくとも、エレベータなどの共用設備が停止したり、場合によっては修繕費用が共同で発生する可能性があります。

売却をご検討中の方へ

コーポ田島の売却が得意な不動産会社1日20名様限定※でご紹介します。

参考相場価格

523万円〜526万円

(坪単価:101〜102万円/坪)

※限定は市区町村ごととなります。

コーポ田島の駅、市区町村を知る

豊島区のマンション

豊島区のマンションは池袋が大ターミナル駅となり、サンシャイン60や西武、東武デパートなど商業施設が密集する賑やかな地域となっています。最近では大型タワーマンションや、新しい区役所となる「としまエコミューゼタウン」、スクリーンの高さが18mとなるシネコン建設など、新たな再開発地域として注目を集め、新しいマンション建設も多い地域です。池袋が注目されやすい豊島区ですが、駒込、巣鴨、目白など、スーパーやドラッグストアなど生活利便性が高いエリアも人気となっています。

東長崎駅のマンション

東長崎駅は東京都豊島区にあり、西武鉄道池袋線が利用できます。長崎銀座商店街や西友、東急ストアなど常に買い物客でにぎわっています。またマンションや郵便局、としま昭和病院など、安心して生活できる施設が多くあります。池袋へも自転車があれば15分程度でアクセスできます。都心部から比較的近いエリアですが、馴染みやすい穏やかな街として一人暮らしの女性用のマンションなどが人気です。

その他の最寄り駅: