ライフピア青砥 外観
ライフピアあおと

ライフピア青砥

葛飾区・青砥のマンション
総合評価
参考相場価格2,457万円〜3,159万円
坪単価115万円/坪〜147万円/坪
最終更新日2021年04月15日

部屋別の参考相場価格

号室参考相場価格最高買取価格新築時価格間取り専有面積主要採光面
4012,925万円価格を調べる3,730万円3LDK74.19
4022,846万円価格を調べる3,560万円3LDK75.41
4032,958万円価格を調べる3,820万円4LDK80
4042,552万円価格を調べる3,060万円3LDK65.24
4052,690万円価格を調べる3,350万円3LDK70.89
4062,795万円価格を調べる3,770万円3LDK74.63

401

参考相場価格
2,925万円
新築時価格
3,730万円
  • 3LDK
  • 74.19

402

参考相場価格
2,846万円
新築時価格
3,560万円
  • 3LDK
  • 75.41

403

参考相場価格
2,958万円
新築時価格
3,820万円
  • 4LDK
  • 80

※表示価格は弊社独自の参考相場価格であり、実際の価格とは異なります。
※この参考相場価格はリブセンス開発ソフトウェアのウェブクロールに基づく情報のため、販売物件情報ではありません。

周辺にある相場が近い物件

立石の人気物件

販売中の物件

(掲載画像35枚)
Yahoo!不動産
  • 1階
  • 3LDK
  • 75.41m2
  • 南東

PR近隣の販売中物件

価格推移と将来予測

参考相場価格

2,925万円(過去3年で135万円

新築時価格3,730万円

※リフォームの有無、使用状況により、価格が前後する場合があります。

マンション概要

売買履歴

会員登録(無料)で、周辺価格(売買)が閲覧できます。

無料登録して周辺価格を見る
2017年
  • 1階
  • 3LDK
  • 71〜79m²
  • 築18年
売出価格
2,880万円〜3,240万円
坪単価
126〜142万円
2016年
  • 3階
  • 3LDK
  • 67〜75m²
  • 築18年
売出価格
2,920万円〜3,280万円
坪単価
136〜153万円
2015年
  • 7階
  • 3LDK
  • 71〜79m²
  • 築18年
売出価格
3,240万円〜3,600万円
坪単価
145〜161万円

※この売買履歴はリブセンス開発ソフトウェアのウェブクロールに基づく参考情報です。

詳細情報

共用施設

  • TVモニター付インターホン
  • エレベーター
  • 駐車場あり
  • ペット可

部屋の基本設備

  • 温水洗浄便座
  • システムキッチン
  • ペット相談可

物件詳細情報

建物名ライフピア青砥
住所東京都葛飾区立石8丁目47-10
築年数築18年
階建(総戸数)7階建(38部屋)
建築構造RC造
専有面積65.24㎡〜80.99㎡
参考相場価格
  • 3LDK:2452万円〜(65m²〜)
  • 4LDK:2818万円〜(80m²〜)
アクセス
駐車場
管理会社ユニオン・シティサービス㈱
用途地域工業地域

建物詳細・周辺情報

このマンションは京成本線青砥駅から徒歩9分の距離にあります。最寄駅までは少し距離がありますが、活気あふれるターミナル駅である上野駅へも乗車時間20分以内で都心への移動も便利です。築18年で最新の耐震基準に適用しており、RC造り、7階建て総戸数38戸のマンションです。 近くには北沼公園があります。大型遊具、交通公園、水遊び場などがコンパクトにまとまっている公園で、月面の無重力状態での歩行気分を体験できるムーンウォーカーという珍しい施設もあります。どれから遊ぼうか迷ってしまうかもしれません。

イエシル査定

不動産会社からの連絡なしで
確実に売却できる査定価格
を複数比較できます。
確実な売却価格を知ることが
失敗しない売却への一歩です。

PR販売中の物件大成有楽不動産販売

ライフピア青砥
3,890万円
  • 3LDK
  • 75.41m²

ライフピア青砥の駅、市区町村を知る

葛飾区のマンション

3LDKや4LDKなど広い部屋が人気の葛飾区。ファミリー層に人気が高いエリアのため、マンションの部屋数も多い傾向にあるようです。昔ながらのお店が残る葛飾区は新小岩、柴又、亀有など下町の雰囲気が残る風情ある地域です。また、物価が安く生活利便性に惹かれて引越しを検討する方も多いようです。エリアによってはJR総武線が利用できるため、新宿への交通も便利です。また、昨今の共稼ぎ夫婦の増加から葛飾区は子育て支援にも力を入れています。新しい子育て支援制度では保育園や学校数を増やし親の所得に合わせた教育費負担の軽減措置も積極的に進めている地域です。