No image 推定 価格
はうすぴーぷる

ハウスピープル

総合評価3.91
参考相場価格2,520万円
(坪単価:172万円/坪)
最終更新日:2018年11月14日

想定震度マップ

想定最大震度

  • 震度5弱以下
  • 震度5強
  • 震度6弱
  • 震度6強
  • 震度7
地震への安全性
3.4(葛飾区平均:2.6)
想定震度
震度6強(想定地震:元禄関東地震)
※この地震リスク情報は、元禄関東地震の規模・震源で地震が発生した場合を想定して作成しています。
※地震への安全性スコアは、地盤の強度や想定震度、構造や耐震性などから、揺れの大きさや地震時の倒壊リスクなどを踏まえて算出しています。スコアが高いほど、リスクが低いと評価されます。詳しくは出典・参考文献をご確認ください。
※250mメッシュ単位で評価しているため、厳密な実在位置とは異なる結果となる場合があります。

この物件の地形と揺れやすさ

自然堤防

地形の種類(自然地形):自然堤防

河川が氾濫した場所に、洪水時に運ばれた土砂が堆積してできた地形です。現在や昔の河川に沿って細長く分布し、周囲より0.5~数メートル高くなっています。堆積した層が厚いほど地震の揺れが大きくなりやすく、また液状化リスクも大きい土地です。


【関連情報】地盤と揺れやすさの関係

地下を伝わってくる揺れ(地震波)が地盤の固さ・緩さによって増幅するイメージ図です。
地震の揺れの大きさは、1.地震の規模 2.震源からの距離 3.地盤の強さの3つの条件に左右されます。緩い地盤ほど揺れを増幅しやすく、小さな規模の地震でも地表に届くまでに揺れを大きくします。

周辺の災害リスクレポート


または

立地条件と揺れやすさ

地盤の強度によって地震の揺れやすさは大きく異なります。元禄関東地震クラスの地震発生時の想定震度を、マンションごとの立地条件およびその条件に伴う揺れの増幅の程度を解説します。


耐震基準と想定震度

築年数による経年影響や構造、また建設年次に適用されていた耐震基準により、建物の破損・倒壊リスクは大きく異なります。倒壊せずともヒビや亀裂など、資産価値への影響が懸念されるポイントについても解説します。


避難ルートの安全性

物件そのものへの影響のみでなく、二次災害に遭わないためのリスク回避について解説します。周辺エリアに、倒壊危険性のある建物が密集している箇所が存在しないか解説します。

売却をご検討中の方へ

ハウスピープルの売却が得意な不動産会社1日20名様限定※でご紹介します。

参考相場価格

2,520万円

(坪単価:172万円/坪)

※限定は市区町村ごととなります。

ハウスピープルを見た人は、こんな中古マンションも見ています

周辺にある相場が近い物件

葛飾区奥戸の人気物件

周辺の新着物件

ハウスピープルの駅、市区町村を知る

葛飾区のマンション

3LDKや4LDKなど広い部屋が人気の葛飾区。ファミリー層に人気が高いエリアのため、マンションの部屋数も多い傾向にあるようです。昔ながらのお店が残る葛飾区は新小岩、柴又、亀有など下町の雰囲気が残る風情ある地域です。また、物価が安く生活利便性に惹かれて引越しを検討する方も多いようです。エリアによってはJR総武線が利用できるため、新宿への交通も便利です。また、昨今の共稼ぎ夫婦の増加から葛飾区は子育て支援にも力を入れています。新しい子育て支援制度では保育園や学校数を増やし親の所得に合わせた教育費負担の軽減措置も積極的に進めている地域です。