No image 推定 価格
ねおまんしょんかねこ

ネオマンションカネコ

総合評価3.77
参考相場価格3,797万円〜5,025万円
(坪単価:185〜206万円/坪)
最終更新日:2019年03月22日

土砂災害リスクマップ

土砂災害警戒区域

  • 土砂災害警戒区域
  • 土砂災害特別警戒区域
土砂災害警戒区域指定
警戒区域には指定されていません。
※この土砂災害リスク情報は、土砂災害警戒区域データをもとに作成しています。詳しくは出典・参考文献をご確認ください。
※250mメッシュ単位で評価しているため、厳密な実在位置とは異なる結果となる場合があります。

【関連知識】土砂災害リスクと警戒区域

土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(土砂災害防止法)により、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒避難体制の準備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等の対策を推進するため、都道府県によって警戒区域の指定が行われています。
なお、土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域内に立地する建物については、重要事項説明時に重要事項説明書への記載と説明が義務付けられています。

土砂災害警戒区域急傾斜地の崩落等が発生した場合には住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域
土砂災害特別警戒区域急傾斜地の崩落等が発生した場合には建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域

周辺の災害リスクレポート

土砂災害発生リスクと住居の安全性

このマンションの立地が警戒区域にしていされているか、またそれによって想定されるリスクについて解説します。


周辺エリアの土砂災害リスク

建物自体の敷地が土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域に指定されていなくとも、周辺に危険なエリアがあった場合、日常の生活ルートに注意が必要です。周辺のリスクの有無についても解説します。

売却をご検討中の方へ

ネオマンションカネコの売却が得意な不動産会社1日20名様限定※でご紹介します。

参考相場価格

3,797万円〜5,025万円

(坪単価:185〜206万円/坪)

※限定は市区町村ごととなります。

ネオマンションカネコの駅、市区町村を知る

杉並区のマンション

杉並区の中古マンションの特徴は低層マンションが多いこと。用途地域の関係で高層マンションが建てられない地域が多い区となっています。JR中央線の高円寺や阿佐ヶ谷、荻窪などが含まれる利便性の高いエリアが人気で、主に新宿駅を起点にして職場や買い物に向かいやすく、手頃な価格帯で中古マンションを購入できることから、DINKSや若い独身の方に人気です。一方で認可保育園の数が少なく、お子さんを預けたい共働き夫婦は保育園探しで苦労することもあるようです。

南阿佐ケ谷駅のマンション

南阿佐ケ谷駅は東京都杉並区にあり、JR阿佐ヶ谷駅のすぐ近くに位置しています。丸ノ内線のみが乗り入れる駅ですが、アクセスは非常に良好です。バスを利用すれば京王線の代田橋、笹塚にも気軽に出ることが可能です。杉並区役所も目の前にあるので、このあたりにマンションを購入すれば公的手続きが非常に気軽に行えます。商店街の阿佐谷パールセンターも近く、買い物に困ることもありませんので、非常に住みやすい住宅街です。

その他の最寄り駅: